研修は作り方で成果が大きく変わります。作り方が悪いと効率的に覚えてもらえないのです。また大事なことを抜かしてしまうと、研修は役に立たないものになるでしょう。ここでは研修の作り方と大事なことについて解説していきます。

研修の作り方

研修の作り方!受講生が主体的に参加すること!

受講生が主体的に参加をして作る研修であれば、学ぶ意欲が出ます。研修で重要なのは受講生が学びたいと思うことです。会社に言われて研修を受けていますという人よりも、学びたくて来ている人の方が遥かに学ぶ量…

研修を作るときには受ける側の意見を聞く!一緒に作ると成果が上がりやすい!

受講者が研修に対して意見が言える環境であれば、研修は良いものになりやすいです。研修は受ける側のやる気次第で、成果にかなり影響があります。受講者が受けたい研修であれば、自然とやる気が出て成果が上がる…

研修は受ける側がほしいものを提供する!

研修は会社側の都合で作らない

研修を作るとき気を付けると良いのが、会社都合で研修を作ることです。研修で学んでほしいことがあると、それだけに合わせて研修を作ってしまいます。それでは受ける側の意思が反映されません。研修は学んでもらって、初めて効果があるものです。そのため、学ぶ側を無視した研修では、受ける側のやる気が起きないことは多いです。そうならないために、会社が学んでほしいことと受講者が学びたいことを上手くミックスすることが大事です。学んでほしいことがあるなら、受講生が学びたい研修に入れ込みます。それであれば、どちらも満足する結果になるでしょう。ただ、その時には不満がでないように、バランスがいい時間配分をすることも大切です。

学びたいものを提供すると定着率が良い

受講者が学びたいと思っている研修であれば、覚えが早いです。さらに覚えたことが定着する確率も高いです。自分が学びたくて受けた研修であれば、学ぶ意欲があるからです。このような研修にするためには、学びたいことを上手く研修に取り入れることが大事になります。その方法は聞き取り調査などがあります。アンケートを取ってみると、素直に答えてくれることが多いです。学びたいことを系列別に調査すると、学びたい分野が分かります。そこからさらに、どのような研修がいいかを絞っていくのです。絞りきれない場合は、もう一度アンケートを取っても良いです。上手く情報を集められれば意欲が上がって、定着率の良い研修にすることは可能でしょう。

研修で大事なこと

研修で大事なこと!講師の選び方!

会社では定期的に研修を行って従業員のスキルを上げていく事が重要です。そこで、研修の講師を誰にするかが大事で、仕事の能力が高い人を講師にします。もし、仕事の能力が低い人を講師にすると、十分に仕事の知…

スキルやテクニックを学べることが大事!研修に上手く取り入れる!

現場で使えるスキルやテクニックはかなり広いです。営業スキルからパソコンのテクニックまで幅広くて、一度に学べるものではありません、しかし、研修をするのであれば、そのようなスキルを学べる機会にすると仕…

現場でほしいものを提供する研修が大事!聞き取り調査で研修の質を上げる!

現場では学びたいスキルがあることが多いです。例えば、現場で必要になる資格を取るための研修などです。そのような研修であれば、参加者のモチベーションは高くなります。そんな研修を実現するためには、必要な…

社員教育でスキルを磨く

社員教育をする事によって、それぞれ業務に必要なスキルを磨く事が出来ます。必要な知識やスキルを身に付けられます。